借金の時効

時効という言葉は誰でも聞いたことはあるかと思います。
そして、時効を過ぎると罪がなくなるという認識を持っていることでしょう。
では、借金に時効はあるのでしょうか、つまり、時効を過ぎると借金の返済義務がなくなることはあるのでしょうか。


実は借金にも時効はあります。
時効を過ぎると、借金の取立て請求が来てもお金を支払う義務はなくなります。


では、時効はどのように成立するのでしょうか。
まず期間についてですが、金融機関かお金を借りた場合は商事消滅時効といって5年になり、親や兄弟、友人や知人から借りた場合は民事消滅時効といって10年になります。
この期間を過ぎると直ちに時効が成立するかというとそういうわけではありません。
時効が成立するには、この期間を経過したあと、時効の主張という行為を行わなくてはなりません。
これは、内容証明郵便で相手に時効の主張を送らなくてはなりません。
これに対する相手側からの承認は必要ありませんが、時効の主張は必ず必要になります。


また、時効の中断といって、貸し手が何らかの形で権利を行使した場合、それまでに経過した時効の期間は、その効力が失われます。
貸し手の権利の行使とは、具体的には責務の承認、裁判上の請求、差し押さえや仮処分になります。


ここで注意しなければいけないのは、借金の時効で借金から逃れようとしては決してならないといことです。
借金の時効は、別の配慮があって法律で定められたものですから、逃れようとすると、その分生活がさらに窮屈になってしまいます。


≪Recommend Site≫
借金の時効を待つのではなく返済方法を相談したい方向けの法律事務所のサイトです ⇒ 借金

Copyright © 2014 借金の豆知識 All Rights Reserved.